ラキューを収納するためには、

  • 100均のケースで色別・形別に分ける
  • 大きなケースで色別に分ける

のがオススメなんです。

今回はそんな、四角と三角の基本パーツに、5つのジョイントパーツをつないで平面・立体・球体がつくれる日本製のパズルブロック「ラキュー」についてご紹介しましょう。

ラキュ-の収納はどうやってすればいいの?

子どものおもちゃを収納するのって大変ですよね。

洋服や絵本などで収納スペースをどんどん占領している中で、おもちゃの保管場所まで考えないといけないのはパパママ共通の悩みと言えます。

お気に入りのおもちゃだとしても毎日遊んでくれるわけではありませんし、おもちゃを使ったまま放置すると場所を取りますし、お片付けの習慣も身に付きません。

そこで、ラキューを子どもでも楽しく収納するためのコツについてご紹介します。

100均のケースで色別・形別に分ける

ラキューには、基本パーツと呼ばれている四角や三角のパーツが2種類と、ジョイントパーツと呼ばれるつなぎ合わせるのに使うパーツが5種類の、計7種類のパーツがあります。

このように形の違うパーツが用意されていますので、同じ形同士で収納しておくことで必要なパーツを探さずに取り出すことができます。

色や形が違うパーツを同じスペースで収納してしまうと、目的のパーツを探すために時間がかかってしまい、子どもは面倒くさくなってしまう可能性があります。

飽きさせずに遊んでもらうためにも、同じ色・同じ形で合わせて収納することをオススメします。

公式ケースや無印良品でも同様のケースを購入することはできますが、100均と比較すると値段がかなり高くなってしまいますし、品質的にはさほど変わりありませんでした。

大きなケースで色別に分ける

組み立てる時にストレスなく目的のパーツを見つけるためには、色別・形別に分けるのが良いのですが、毎回きちんと片付けるのはかなりの負担になります。

子どもが一人でそれをやっていくのは時間的に余裕が無くなってしまい、遊ばせてあげたいのに片付けに時間がかかって思いっきり楽しませてあげられないことも考えられます。

そんな時は、色別に分けることをオススメします。

ケースの仕切りを取って色ごとに分けるだけのシンプルな分類に切り替えることで、片付ける時のスピードも格段にスピードアップし、負担が少なくなります。

色ごとにパーツを集めてばさっとケースの中に入れるだけなのでストレスを感じることもありません。

パーツの形で分かれていなくても、子どもは作品に必要なパーツを自力で探すので色別に分けるだけでも十分と言えます。

ジップロックに入れてしまうと、取り出し口が狭まってしまい、必要ないパーツまで一緒に取り出してしまって片付ける負担が増える可能性がありますので、大きめのケースに収納すると良いでしょう。

ラキューの口コミ・評判は?

ラキューを実際に使用されている方の口コミって、購入する前に知っておきたいと思いませんか。

どなたでも通販で買い物する時は情報だけが頼りで慎重になりますが、一番信頼がおける意見が愛用者の声ですからね。

そこで、購入された方の口コミやレビューをご紹介させていただきます。

ぜひ購入の参考になさってください。

幼稚園でも使われている玩具

娘の幼稚園クラスに置いてあるらしく、おねだりされました。結構値段が高く、どこも定価販売のようなので楽天買いまわりとポイント10倍のときに購入。
簡単なものなら自分だけで作って、親に見せてくれますよ。ただ、説明書の色通りに作りたがるので、すぐに特定の色のブロックが足りなくなります。
透明パーツを宝石に見立てて、ブレスレットだよーなんて作ってあげると、喜んでつけています。
おじいちゃんおばあちゃんからのお誕生日プレゼントとして代理購入しましたが、全てにおいて満足してます。

4歳のクリスマスプレゼントに

LaQ体験イベントに参加して、子どもが楽しいと言ったのでクリスマスプレゼントにさんすうのセットと一緒に購入しました。
普段はレゴで遊んでいます。
レゴより設計図が大まかに書かれているので、はじめは苦戦していましたが、親から見ると空間把握の練習になりそうだと好意的に受け止めています。
レゴでは難しい、円や曲面が自分で作り出せるのも立体作りにいいです。
レゴもですが、いろいろなものを作るにはパーツ数が多いほど楽しめると思うので、いずれベーシックを追加で購入したいと思っています。
おまけ?でいただいた配管チューブブロックも違う楽しさがあり、ブロック好きなこどもは大喜びでした!

クリスマスに

クリスマスに
サンタさんからのプレゼントに今年はLaQを選びました。4歳の男の子ですが、小2のお姉ちゃんのパステルLaQで遊んでいたところ、だんだんと大物を作るようになり、パーツが不足して満足に遊べていなかったので追加として購入しました。おそらくまた足りなくなりそうなので、ベーシックも同時購入しました。これからも、いま夢中になってる遊びが十分に広がるように、整えてあげたいなと思います。サンプルだと思うのですが、またまた楽しそうなおもちゃを一緒にお送りいただき、ありがとうございました。
25日の朝、どんな反応をするか楽しみです。

小学生でも

夢中になって遊んでいます。
元々持っていたLaQだけでは足りず、こちらのセットを購入しました。
今回のセットには立体の作り方だけではなく、平面?での作り方の紙もあって、上の子から下の子まで楽しんでいます。
集中して遊べて、指先もよく使うのでおすすめです。

楽しめます

6歳の息子が保育園でラキュー仲間に入れないでいるのがもどかしくなり、早めのクリスマスプレゼントにおばあちゃんにリクエストしてかってもらいました。保育園にバケツに山盛りになっておいてあるラキューがとどいたらほんの一握りの量で驚きましたが、簡単なのから初めて、難しいのは大人と分担して、出来上がると達成感もありいいおもちゃです。

口コミを調べてみたのですが、実際、悪い口コミはほとんど見つかりませんでした。

発売から時間が経っているので色々な口コミが集まっていますが、悪い口コミは本当に少なかった印象です。

これだけ悪い口コミが見つかりにくいということは、多くの方が満足していることの裏返しと言えますね。

子どもが飽きないか不安という方へ

ラキューは四角と三角の基本パーツに、5つのジョイントパーツをつないで平面・立体・球体がつくれて、ついつい夢中になってしまうパズルブロックです。

でも、どんなにお気に入りのおもちゃでも、子どもは成長するとともに他のものに興味が移って遊ばなくなりますよね。

子どもに適切な時期に良質なおもちゃを与えてあげるためにも、おもちゃの交換は成長とともに必要不可欠なものになります。

遊ばなくなると問題になるのが「収納スペース」。

1つのおもちゃなら収納スペースは限られていても、使わなくなったおもちゃが増えるとかなり場所をとってしまいます。

特に都内近郊の場合は、敷地面積も限られていて、子ども用の収納スペースの確保に頭を悩ませているパパママも多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを抱えている方にオススメなのが、おもちゃのレンタルサービス「キッズラボラトリー」です。

最近よく、「サブスクリプション」という言葉をよく聞くことが増えてきましたよね。

美容室や飲食店のサブスクリプションが有名ですが、キッズラボラトリーはおもちゃのレンタルサービスにおけるサブスクリプションなんです。

対象年齢を過ぎたり子どもが飽きてしまったら次のおもちゃと交換してくれるという、パパママにとって非常に魅力的なサービスを展開しています。

キッズラボラトリーがどんなおもちゃのレンタルサービスか気になる方は、こちらのリンクから詳細を確認してみてくださいね。

>>キッズラボ詳細はこちら