おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの作り方を調査すると、

  • 3種類のブロックラボシリーズはどれでも組み換えが可能
  • 連動パーツがついたブロックと自由に組み合わせられる
  • ギアをしっかり組み合わせないと動きを伝えることができない

ことが組み立てる上でのコツであると分かりました。

今回はそんな、バンダイと日立研究所が共同で開発した、子どもの成長に合わせた遊び方ができるブロックシリーズ「おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツ」についてご紹介しましょう。

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの作り方のコツとは?

ブロックラボは、バンダイと日立研究所が共同で開発した、子どもの成長に合わせた遊び方ができるブロックシリーズです。

ブロックシリーズは3種類で、おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツはくるくるブロックシリーズに該当します。

この3種類のブロックラボシリーズはどれでも組み換えが可能で、好きなブロックを組み合わせることでオリジナルのブロックラボを作ることができます。

くるくるブロックシリーズは、連動パーツがついたブロックのセットになっていますので、自由に組み合わせてレバーパーツを回すと、自分で作った観覧車をくるくると動かして遊ぶことができます。

ただし、ギアをしっかり組み合わせないと動きを伝えることができません。

ものごとの相関関係や仕組みを考えるきっかけになるため、知育おもちゃとして最適です。

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの口コミ・評判は?

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツを実際に使用されている方の口コミって、購入する前に知っておきたいと思いませんか。

どなたでも通販で買い物する時は情報だけが頼りですが、一番信頼がおける意見が愛用者の声ですからね。

そこで、購入された方の口コミやレビューをご紹介させていただきます。

ぜひ購入の参考になさってください。

よいブロックです!子供にはコレがベストかも。

ブロックに興味をもってもらいたい、アンパンマン好きな2歳の息子に買いました。それまであまりブロックで遊ぶことがなかった息子もはまり、3歳半になっても遊び続けています。アンパンマンのワールドブロックは、レゴデュプロと互換性があるので、遊びの幅が広がります。

孫は大喜びでした。

ただ音が出るとか、組み立てるだけではすぐ飽きてしまうだろうと思い、動かすことのできるブロックラボを買いました。
思った通り、グルグル回るのが楽しいらしく、いくつか別の組み立て方をして見せたら喜んで自分でどんどん組み立てて回して遊び始めました。
指をはさむ心配もなくとても満足しています。
ただ90度の角度で回転をつなぐ観覧車部分はかみ合わせが緩くしてある(指を挟まない配慮だと思いますが)のではずれ易いのが難点でした。

遊びが広がります

4歳の娘が欲しがったのでクリスマスに。
歯車がどうやって繋がるか工夫して、オリジナルの遊園地を作って楽しんでいます。案外大人も…。
人形がたくさんあると遊園地遊びがより楽しいです。
歯車をはめるのが難しいところもありますが、娘から苦情は全くありません。

アンパンマン大好き3歳児♡

アンパンマン大好きな3歳の娘の誕生日プレゼントに購入しました。娘が自分で組み立てるのは難しく、親か7歳の姉に組み立てさせ、出来上がった観覧車に人形をのせ遊んでいます。
もう少し簡単だといいなと思いました。

3歳なりたての娘に購入

まず箱の大きさに驚きます。きっと同じシリーズをたくさん買ってもまとめられるように、との配慮だと思いますが全体の容量に対して箱が大きく、スカスカなので他のおもちゃも入ります。
肝心のブロックですが、まずブロックの種類によってブロック同士のくっつき方が緩い。少し触れただけで外れてしまい大騒ぎします。
また、3歳なりたてのうちの子にはまだ少し難しく、大人が歯車部分を組み立ててあげてから子供が回して遊ぶ形になります。意外にも歯車部分を組み立てている大人側が結構楽しかったりしますが、うちの子は割とすぐに飽きました…

口コミを調べてみたのですが、実際、悪い口コミはほとんど見つかりませんでした。

発売から少し時間が経っているので色々な口コミが集まっていますが、悪い口コミは本当に少なかった印象です。

これだけ悪い口コミが見つかりにくいということは、多くの方が満足していることの裏返しと言えますね。

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの対象年齢は?

ブロックラボは、バンダイと日立研究所が共同で開発した、子どもの成長に合わせた遊び方ができるブロックシリーズです。

子どもが大好きなアンパンマンとその仲間たちがブロックになって、かたち遊びを楽しむことができます。

ブロックシリーズは3種類で、それぞれの対象年齢は公式サイトで確認すると

  • ファーストブロックシリーズ:1.5歳から
  • ワールドブロックシリーズ:3歳から
  • くるくるブロックシリーズ:3歳から

となっています。

ファーストブロックシリーズ:はじめてのブロックワゴン

アンパンマンの人気キャラクターと動物、さまざまな基本の形のブロックが入ったベーシックなセットになっています。

1.5歳~3歳の子どもに合わせて、2ピースのブロックでアンパンマンやわんちゃん、おうち、などの形が簡単に組み立てられるようにシンプルな設計になっています。

床に並べたり、複数のブロックを高く積み上げることで、平面から立体を組み立てることを自然に理解できるようになります。

タイヤがついたワゴン型の収納ボックスに入っているため、ごっこ遊びを楽しみながらお片づけできるのも魅力。3歳から遊べるワールドブロックシリーズ。3歳になると思考能力と手指を使って組み立てる能力も格段に成長しています。

ワールドブロックシリーズ:おおきなバイキンじょうとだだんだんブロックバケツ

ワールドブロックシリーズは、4~8ピースのブロックを使って組み立てると手・足・頭を動かすことが可能で、より複雑な形のブロックを工夫しながら創作できるようになっています。

出来上がった作品は子どもが普段目にする機会の多いものばかりですので、「できた!」という達成感を感じやすいのも嬉しいポイントです。

アンパンマンの敵として登場するバイキンマンの世界がブロックになっていますので、より楽しくアンパンマンたちの住む世界を再現することができ、ごっこ遊びもしやすくなっています。

ブロックのほかに、アンパンマンとばいきんまんのドール、背景シートが入っていて、お子さまオリジナルのロボットや乗り物も作ることができます。想像力と創造力を育むことができるおもちゃです。

くるくるブロックシリーズ:おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツ

くるくるブロックシリーズは、組み立てたブロックにくるくるパーツを付けてレバーを回すと、ブロックが回転する仕組みになっています。

観覧車や遊具をくるくると回すことができます。

好きな遊具にくるくるパーツを取りつけることで、オリジナルの遊具を作って楽しむことができ、ブロックラボシリーズには互換性があるため、他のシリーズのブロックラボとも組み合わせることで遊びの幅が広がります。

3歳と言えば、言語表現能力や自我意識が発達し、言葉でのコミュニケーションがとれるようになる時期ですよね。

この時期の子どもが、おうちの方やお友達とおしゃべりしながら、ごっこ遊びなどを通じて社会のルールや生活習慣なども身につけてもらえるよう工夫されています。

組み立てる能力が飛躍的に向上する時期なので、ブロックの形や種類も、自ら考えて工夫しながら遊べるよう配慮されています。

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの価格はどこがお得なの?

おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツの販売店舗について調べてみたところ、いくつか販売店が見つかりました。

しかし、結論から言うと一番価格が安くてオトクなのはAmazonと楽天でした。

販売店価格
Amazon5,980円
楽天5,980円
Yahoo!ショッピング6,080円

子どもが飽きないか不安という方へ

このように、おおきな観覧車のくるくる遊園地ブロックバケツを調査したところ、多くのパパママから評価されていることが分かりました。

でも子どもが遊んでくれるかどうかは、実際に試してみないと分からないですよね。

おもちゃ屋さんではたくさん遊んでくれていたのに、いざ購入して家で遊ばせようとしてみたらもう興味がなくなって、購入した代金が無駄に…なんて経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

それに、どんなにお気に入りのおもちゃでも、子どもは成長するとともに他のものに興味が移って遊ばなくなりますよね。

そんなお悩みを抱えている方にオススメなのが、おもちゃのレンタルサービス「キッズラボラトリー」です。

最近よく、「サブスクリプション」という言葉をよく聞くことが増えてきましたよね。

美容室や飲食店のサブスクリプションが有名ですが、キッズラボラトリーはおもちゃのレンタルサービスにおけるサブスクリプションなんです。

対象年齢を過ぎたり子どもが飽きてしまったら次のおもちゃと交換してくれるという、パパママにとって非常に魅力的なサービスを展開しています。

キッズラボラトリーがどんなおもちゃのレンタルサービスか気になる方は、こちらのリンクから詳細を確認してみてくださいね。

>>キッズラボ詳細はこちら